紫外線対策には必須の日焼け止め・その種類と特長について

紫外線対策には日焼け止めが手放せません。
ドラッグストアなどに足を運べば数多くの日焼け止めが販売されていますが、今回は日焼け止めの種類と特長についてご紹介します。

まず、乾燥肌の方におすすめなのがクリームタイプです。
保湿力が高く、落ちにくい、さらには化粧下地として使用できるものもあります。
難点としては伸びが良くないため、塗りにくく白浮きすることもあります。
さらに、油分が多いためにニキビなどの原因になります。
クリームタイプの日焼け止めを使用する場合は、しっかりとクレンジングをするように心がけましょう。

そして、脂性肌の方におすすめなのがジェルタイプです。
日焼け止め特有のべたつきが気になる方にもおすすめです。
伸びがいいため、全身にも使いやすくお手軽です。
ただ、商品によっては刺激性の高いものがあったり、頻繁につけ直しが必要になることもあるので注意が必要です。

また、敏感肌におすすめなのがローション・ミルクタイプです。
化粧水や乳液のように気軽に使えて非常に扱いやすいです。
しかし、紫外線対策としては効果が低いものが多いため、屋外レジャーなどには不向きです。

他にはスプレータイプやパウダータイプがあります。
スプレータイプだと広範囲に使用可能で髪の毛の紫外線対策にも有効活用できます。
パウダータイプはお化粧の仕上げとして気軽に使用でき、また化粧直しとして塗り直しても効果が期待できます。

お肌の状態や本来の肌質に合った日焼け止めを吟味して購入しましょう。