海水浴を楽しむための紫外線対策・おすすめの方法は?

海水浴は楽しいけれど紫外線が気になるという方は多いのではないでしょうか。
せっかくの海、思いっきり楽しみたいですよね。
今回は海水浴での紫外線対策についてご紹介します。

まず、一番手軽な紫外線対策として日焼け止めがあります。
ただ、この日焼け止めも日常使いしているものではなく、耐水性があるものを選ぶと安心です。
ウォータープルーフタイプの日焼け止めがそれに該当します。
海水浴では水に濡れることが多いと思いますので特に有用です。
このウォータープルーフタイプの日焼け止めも、一度塗れば全く安心かというとそうではなく、一日に何度も塗り直しが必要になる場合もあります。
日焼け止めの種類にもよりますが、一般的な耐水時間は最大80分程度です。
朝塗って、帰りまで塗り直さないという方も多いかもしれませんが、こまめに塗り直しましょう。

その他に、ラッシュガードがあります。
こちらは水着の上に着用し、日焼けを防いだり、怪我から身を守ってくれたりするためのアイテムです。
余談ではありますが、水着は露出が多くてちょっと…という方には体型カバーも兼ねてくれるという利点があります。
日焼け止めと併用するとさらに紫外線対策として効果的です。

日光を広範囲で防ぐために、ビーチパラソルや日傘も有効です。
海水浴場での食事や休憩には欠かませんね。

また、最近は水着用のレギンスが発売されています。
短パンタイプの水着に、レギンスを履き、その上にラッシュガードを着用するとかなり紫外線対策になります。

海水浴では長時間強い日差しを浴びるので、いくつかの紫外線対策を併用していくことが大切です。