アスファルトの照り返しからの紫外線対策のポイントとは

日傘をさしていたのに焼けてしまったという体験をしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実はアスファルトからの照り返しによって紫外線を浴びていたのかもしれません。
アスファルトの照り返しによる紫外線量は、通常降り注ぐ紫外線量の10%ほどですが、まったくの無防備だとやはり日焼けをしてしまいます。
では、どのようにして防ぐことができるのかポイントを上げていきます。

先程、日傘のお話をしましたが、日傘自体は紫外線を防いでくれる心強いアイテムです。
ただ、日傘の色に注意しなければなりません。
日傘の内側の色に着目していただきたいのですが、内側が白に近い色だと照り返してきた紫外線を更に日傘が反射して、結果的に紫外線を浴びてしまいます。
このことから、日傘の内側は紫外線を吸収してくれる黒などの濃い色にしましょう。
UVカット効果のある日傘だとさらに効果が上がるうえに、傘の色もさほど関係なくなるのでオシャレも楽しむことができます。

その他には、ネックカバーが有効です。
真夏日や猛暑日で衣服での紫外線予防が厳しい場合は日焼け止めを使用しましょう。
日焼け止めを塗るのを忘れがちなあごの下など、しっかりと塗りましょう。
目の紫外線対策としてはサングラスをおすすめします。

また、これらは晴れた日だけではなく、曇りの日も晴れた日の紫外線量80%分が降り注ぎますので注意しなければなりません。
アスファルトの照り返しは、子供や女性など、身長が低いほうがより強い紫外線を浴びますので十分に気をつけたいですね。

美白用のオールインワンゲル等でお手入れするのもオススメです。