あなたは大丈夫?本当はここまでやりたい紫外線対策

紫外線対策といえば日焼け止めを使うことが一般的ですが、日焼け止めの他にも対策をすればより安心です。
まず、紫外線対策は年中通して行うことが大切です。

夏だけ対策を行っている方も多いかと思いますが、実は紫外線は年間を通して降り注いでいます。
1年で1番紫外線量が多い月は5月ですが、冬でもその半分から3分の1の紫外線量があるので油断は禁物です。
また、雪が積もる地域は雪による照り返しで日焼けすることがありますので要注意です。

手軽にできる紫外線対策として、まずは年間を通して日焼け止めを使用しましょう。
その際は場面に合わせてSPFやPA数値が合うものを使うとより好ましいです。
その他の対策として日傘や帽子、アームカバーなどがあります。
日傘は広範囲での紫外線を防いでくれるのと同時に夏の暑い日は涼しさも感じられ、一石二鳥です。
帽子は主に顔の紫外線対策に有効です。
つばの広い帽子だと意外と焼けやすい首の裏などの日焼けも防止してくれるうえに、かぶるだけなので日傘より手軽です。

自転車や車を運転する時にはアームカバーが大活躍です。
車の中だからと安心していたら意外に紫外線を多く浴びるのが腕です。
いつの間にか日焼け…ということを防いでくれます。

最近はUVカット加工されているパーカーやボトムスが販売されているので常時着用することもオススメです。
このように紫外線対策は日焼け止めだけではなく、さまざまな紫外線対策グッズを使い上手に紫外線と向き合いましょう。